今生の青

今日 突然の知らせを受けた
次男が駄々をこねて園を休んだ為
手を焼きながら仕事に連れ歩いた先で
世話になっている税理士の先生が世を去ったという
ついこの間、電話で話したばかりだった
度も間違いではないかと聞き返すが
新聞の切り抜きを見せられ
葬儀はすでに親近者のみで執り行われたとあった


去年の初め
精神共に衰弱していた私を呼び出し
上手い串焼き屋で飲んだ思い出
私はビジネスにも気力を失い
記憶の薄れた一日をなんとか過ごしていた
そんな私を見抜いていたか
突然こう言われて驚いた
「君は迷いがある
ビジネスの道なのか
それとも音楽の道なのか
どっちに行くのか
はっきり決めるべきだ」
強い口でそう言われた
私は何年も音楽から離れていた
将来的に音楽をやろうとも思っていなかった
なぜ先生が突然あのような話をしたのかは
あの時 分からずにいた

でも、逝去の知らせを受け今日思い出した
先生はもともと放送作家になりたかったが
親の家業を継ぐ為 諦めたという
そんな話をしてくれていたな
なりたかった夢を諦めた自分の道を
ずっと悔やんでいたのかな

赤字か黒字か 成功か失敗か 勝ちか負けか
世で当たり前のように根付いた価値観
それを裏で支え続けた人生から
見えていたものはなんだったんだろう先生
今はもう尋ねることはできなくなったけど

お金や結果が全てではないということ
そう伝えたくてしかたがなかったのかもしれない

福田八直幸 Official Site

Yasuyuki Fukuda Official Web Site. 死生観.音楽を奏でる喜びを噛みしめて 2児のシングルファザー

0コメント

  • 1000 / 1000